A.B.C-Zの食事会で、塚田僚一が激怒!? メンバーに「ちゃんと向き合って」と説教したワケ

2019.02.02

塚田僚一

 A.B.C-Zがパーソナリティを務めるラジオ『A.B.C-Z Go! Go! 5』(FM NACK5)。1月26日の放送は、河合郁人・五関晃一・塚田僚一の3人が出演した。塚田はこの日が2019年最初の出演となり、オープニングトークで「昨日ボクたち、食事に行ったんですよ」と報告した。

 A.B.C-Zは毎年、メンバーとお世話になったスタッフなどを呼んで忘年会を開催しているそうで、これはメディアでも語られているため、ファンにも知られている。その場では、グループの方向性などにもかかわる熱い話し合いが行われることもあるようで、2017年2月11日放送の『ABChanZoo』(テレビ東京)では、五関が「この5人いいな」「5人でいきたい」と言って号泣し、戸塚祥太に優しくなだめられる、といったエピソードも披露されている。

 そんな恒例の集まりだが、今回は新年会として、ラジオ放送前日に開催されたという。塚田いわく、「新年会っていうか、『これからも頑張ろう!』っていう感じで集まって」と、決起集会に近いものだったとか。店は塚田が決めた焼肉店だったそうだが、その店に行ったことがある河合から「焼肉よりもすき焼きがおいしい」と助言を受け、メニューはすき焼きにしたのだという。しかし「すき焼き以外になにか美味しいのないの?」と河合に聞いたところ、「いや、特にわかんない」という答えが返ってきたとか。

 中途半端に放り出されて塚田が困っているところに、すかさずメンバーの橋本良亮が「『オレに任せろ!』って、お作りとか、一品料理とか頼んでくれて」とフォローしてくれたそう。これに「A.B.C-Z、めっちゃいい連携じゃん!」と思ったという塚田に、河合も「確かに、チームワークよかったよね」と同意。思わぬ場面で5人の絆を感じたようだ。

 A.B.C-Zらしく和やかな食事会になったのかと思いきや、塚田にはひとつ気になったことがあるそう。それは「みんな、全然食べなくない!?」ということ。5~6皿肉を頼んだものの、そのほとんどを塚田がたいらげたらしく、「みんなこんな感じなんだ、食事」と、メンバーの小食ぶりに驚いたよう。「オレ、おつまみ食っちゃったからね」という河合に、塚田は「まあ、(お酒を)飲む感じだったし」と一応納得していたが、「もう本当にね……食事とちゃんと向き合ってください! 怒るよ、オレは!」と、母親のようにメンバーの食事を心配していたのだった。

 風邪やインフルエンザが流行するこの季節、しっかりした食事をしないと「免疫力下がっちゃったり」すると塚田。最後は1年中元気な塚田らしく、「リスナーのみなさんも、風邪とかインフルエンザ、気をつけてくださいね!」と締めくくっていた。