メンバーを増員したジャニーズJr.「Snow Man」に対し、V6井ノ原快彦が「仲良くやってね」とエールを送る

2019.02.07

井ノ原快彦

 V6の年長グループ「20th Century」(トニセン)の 坂本昌行、長野博、井ノ原快彦がパーソナリティを務めるラジオ『V6 Next Generation』(JFN系)。2月2日の放送では、珍しい後輩ゲストの登場に3人が沸き立った。

 番組の終盤に差し掛かったところで、スタジオに突然の来訪者がやって来た。「ジャニーズJr.の岩本照です」と名乗ったのは、Jr.内ユニット「Snow Man」の岩本。3人は最初岩本が誰なのかわからなかったようで、井ノ原が「グループに所属してるの?」と尋ねて、「Snow Manか!」と3人とも合点がいったよう。「髪伸ばしてたから一瞬わかんなかった」と坂本が言うと、井ノ原も「ああ、あいつか!」と思い出したよう。坂本が、昨年フィットネス雑誌「ターザン」(マガジンハウス)の表紙を飾った岩本に向かって「筋肉マン!」と連呼するなど、トニセン内での岩本のイメージが垣間見えた。

 長野が「収録してたの?」と質問。別のスタジオで収録していたTOKIO国分太一の『国分太一 Radio Box』にゲスト出演していたそうで、岩本は挨拶に来たようだ。「なんか言うことある?」「宣伝してっていいよ」と井ノ原と長野に促され、岩本は先日幕開けとなった舞台『滝沢歌舞伎ZERO』に出演することを告げた。「Snow Manがメインでね」と、舞台の詳細を知っている長野がフォロー。すると、舞台名が“滝沢”歌舞伎なことが気になったのか、井ノ原は「自分たちの名前付けなきゃダメよ、いつかは」と力強いアドバイスを送っていた。

 すると長野が「ストーン歌舞伎」と口を挟み、すかさず岩本が「Snow Manです」と訂正。どうやら長野はJr.内ユニット「SixTONES」と間違えたようで、坂本に「本当今のひどかったよ!」と笑いながらツッコまれていた。

 1月にメンバーの増員が決まったSnow Manだが、井ノ原は「人増えたんだっけ?」と尋ねる。「3人増えたんだよね」と長野までそのことを知っていた。「そういうのいいじゃん。やだ?」と井ノ原が切り込むと、岩本は「あぁ、全然僕は。新しい風っていう意味でも、スパイスって意味も含めて」と井ノ原の言葉を否定した。井ノ原の「仲良くやってね」には3人とも大笑い。「いきなりだと難しいだろうからさ」「気長にやったほうがいいよ」「ゆっくり行きましょうよ」と井ノ原はアドバイスした。

 意外と後輩のJr.たちの動向にも詳しいトニセン。井ノ原が「いつでもいいから遊びに来てね」と言っていたので、今度はぜひゲストとして出演してほしいものだ。