上田竜也主演ドラマ『節約ロック』第9話、狂気の節約メニューの登場に視聴者も戦慄!

2019.03.20
『節約ロック』公式サイトより

 KAT-TUN上田竜也が主演を務め、ジャニーズWEST重岡大毅も出演するドラマ『節約ロック』(日本テレビ系)の第9話が、3月18日深夜に放送された。同作は、マンガ誌「モーニング」(講談社)での読み切り掲載が話題となり、現在は電子書店「eBookJapan」にて連載中の同名漫画が原作。タイトル通り、ロックミュージックを奏でる演奏シーンや、節約レシピを紹介する料理シーンなど、上田のさまざまな表情が見られるコメディドラマだ。

 上田演じる松本タカオは、ロックを愛する独身サラリーマン。しかし、30歳にして貯金ゼロで散財グセがあり、それを「ロックな生き方」だと勘違いして、反省する気配もない。同棲していた恋人・大黒マキコ(藤井美菜)は、そんなタカオに愛想をつかし、家を出て行ってしまう。「貯金なんてロックじゃない」、そう思っていたタカオだったが、マキコの愛を取り戻すため一念発起し、“節約”を始める。そんなタカオはある日、どこからともなく心地よい音色が聞こえてくることに気がつく。それはタカオが節約するたびに鳴る、「心の中の貯金箱にお金が貯まる音」だった。タカオの中で、“節約”と“ロック”は共鳴するのか!?

 ある日、タカオは、マキコが知らない男(高木渉)と食事をしているところに遭遇する。マキコは「仕事先の人」だと言うが、タカオには信じられない。新たな恋敵の出現に闘志を燃やしていると、桑田(宇梶剛士)と共に大きな仕事の指名を受けることとなった。打ち合わせに行ってみるとそこには先日、マキコと食事をしていた男が! 男の名は内田ユウサク、超お金持ちのIT社長でマキコとは近々結婚する予定だというのだ。

 家や収入、生活レベルすべてにおいて、内田に差をつけられたタカオ。節約仲間の稲葉コウタ(重岡大毅)は「松本さんには節約があるじゃないですか!」と励ますが、タカオはそれも「節約なんかやってる場合じゃないんだ」とはねつける。内田に対抗するため、一攫千金を狙うタカオが始めたのはなんとYouTube。「節約YouTuber・松本TKO」として節約動画の配信を始めるが……。

 これまでもさまざまな節約レシピを紹介してきた『節約ロック』だが、今回はついに究極の節約レシピが登場した。過激な動画を配信しないと再生数が稼げないと悟ったタカオが作った節約メニューは、なんと「Tシャツの生姜焼き」。番組内で紹介された節約レシピを、実際にチャレンジしてみるファンも増えていたのだが、この日のメニューにはさすがに挑戦できなかったようだ。SNSにも「Tシャツの生姜焼き作る上田くん……」「見た目だけなら豚肉っぽい」「狂気的すぎて脳の処理が追い付かない」など、衝撃を受けたという投稿が続出した。

 タカオはTシャツを食べてしまったせいで腹を壊し、寝込む中で気付いてしまう。「一番の節約は、生きないこと……」! 節約を極めようとしたばかりに、生きることすらあきらめてしまったタカオの未来は……。次回はついに最終回。タカオはマキコの心を取り戻すことができるのか!?