錦戸亮主演のドラマ『トレース~科捜研の男~』が12.3%で好発進も、視聴者は船越のキャラに違和感

2019.01.09 07:00

 関ジャニ∞錦戸亮主演のドラマ『トレース~科捜研の男~』(フジテレビ系)が、1月7日初回90分スぺシャルとして放送され、視聴率は12.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)をマークした。

 本作は、事件の痕跡を科学的に捜査する科学捜査研究所、通称「科捜研」を舞台にしたサスペンス。憶測や主観を一切排除し、鑑定で闇に葬り去られようとしている“真実のカケラ”を追求する、科捜研法医研究員・真野礼二を錦戸が演じている。

 原作は、「月刊コミックゼノン」(徳間書店)で連載中の、古賀慶によるマンガ『トレース~科捜研法医研究員の追想~』。作者自身が元・科捜研の研究員とあって、確かな知識と経験で裏付けされたリアリティ……

コメント
コメントする(掲載に数分かかる場合があります)



2MBまでアップロードできます。(JPGまたはPNG)
画像付きコメントは編集部の承認完了後に表示されます。

投稿規約を確認する
第1条
ユーザーは当社に対し、投稿情報について、無償で利用(複製・複写・改変・第三者への再許諾その他のあらゆる利用を含む)する権利を許諾するものとします。この利用の許諾は永続的かつ取消不能のものとします。
第2条
ユーザーは、コメント投稿に際し、以下のような不適切な行為を行わないでください。
当サイトのコメントとして相応しくないものは、管理者の判断で投稿者への通知なしに削除することもありますので、あらかじめご了承ください。
  • 他人や自分の住所・氏名・電話番号・メールアドレスなど個人情報を開示する行為
  • 他人を混乱させる意図があると思われる発言
  • 特定の個人への誹謗中傷
  • 他人へのなりすまし
  • 当該記事とは無関係の宣伝・PR
  • 他サイト等への誘導リンク
  • 物品の売買または譲渡